ABOUT COMPANY

エマナックグループの歩み

1968年11月 大阪市鶴見区において、現会長 田中 要が個人経営にて熱処理工場を創業。
1973年5月 資本金500万円にて田中熱工株式会社を設立。
1973年11月 資本金1000万円に増資。
1977年10月 神奈川県横浜市に横浜工場を新設。
1983年12月 大阪府守口市の浜熱工株式会社を吸収合併し浜工場とする。
1985年12月 資本金3500万円に増資。
1986年4月 横浜工場が日本工業規格表示認定工場となる。(鋼の浸炭焼入・焼戻し加工 認可番号386003号)
1986年8月 横浜工場を埼玉県八潮市に移転、関東工場とする。
1987年1月 第二工場が日本工業規格表示認定工場となる。(鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工 認可番号586075号)
1987年12月 関東工場が日本工業規格表示認定工場となる。(鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工 認可番号386003号)
1989年2月 本社工場が日本工業規格表示認定工場となる。(鋼の浸炭及び浸炭窒化焼入焼戻し加工 認可番号588069号)
1998年6月 株式会社大洋熱処理がグループ参入。
1999年12月 本社工場・第二工場がISO9002認証取得。金属熱処理加工(タッピングねじ)
2000年12月 関東工場が拡大審査によりISO9002認証取得。ISO認証範囲を金属熱処理加工に変更。
2002年10月 田中 要が代表取締役会長に就任。田中 良典が代表取締役社長に就任。
2002年10月 ISO9001~2000に改訂。ISO認証範囲を金属部品の熱処理加工、設計・開発及び技術調査サービス」に変更。
2004年8月 株式会社大洋熱処理を吸収合併し、相模原工場とする。
2004年11月 全事業所がISO14001認証取得。
2007年3月 京都府亀岡市に京都工場を設立。
2008年7月 京都工場を別法人とする。
2008年10月 埼玉県北葛飾郡に株式会社エマナック東日本を設立。
2013年11月 全事業所がISO9001:2008 / ISO14001:2004、 総合マネジメントシステムにより認証取得
2015年3月 大阪府守口市に新社屋完成(本社事務所)
2015年12月 (株)田中熱工京都工場を、田中熱工(株)へ統合
(株)タナカプリコート名古屋工場を、タナカプリコート(株)へ統合
田中ダクロ(株)を、(株)エマナック西日本へ商号変更
2017年9月 静岡県静岡市に清水工場を設立。

主要認定先

  • KYB株式会社
  • 株式会社東海理化
  • 日立建機株式会社
  • 三菱自動車工業株式会社
  • 三菱重工業株式会社 など

主要取引先

 

アイシン精機株式会社、株式会社デンソー、東海ゴム工業株式会社、株式会社東海理化電機製作所、パナソニック株式会社、株式会社青山製作所、株式会社山田製作所、三菱自動車工業株式会社、日立建機株式会社、三菱重工業株式会社、いすゞ自動車株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社、株式会社IHIシバウラ、NSK株式会社、三井金属鉱業株式会社、豊田合成株式会社、トヨタ自動車株式会社、ダイハツ工業株式会社、キャタピラージャパン合同会社、川崎重工株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社椿本チエイン、株式会社ジェイテクト、KYB株式会社、株式会社クボタ、株式会社シマノ(敬称略・順不同)

協力会社

  • オムニテクニック社(独)
  • カムカー・テキストロン
  • JXTGエネルギー株式会社
  • NOFメタルコーティングス株式会社
  • ナイロック社(米)
  • ヘンケルジャパン株式会社
  • 株式会社不二機販 など