PRODUCT

エフロック®

塗布加工エフロックの処理風景

繰り返し使える、接着剤を使わないナイロン系緩み止め

  • ナイロン樹脂
  • 棚寿命
    半永久的
  • 繰返し使用可

緩み止めの使用箇所を大別すると
メンテナンスをほとんど行わない箇所とメンテナンス頻度の高い場所とに分けられます。
前者の場合はLOCTITE®(ロックタイト)またはprecte®(プリコート)を
使用すればよいのですが
後者のような場所では繰り返し使用を要求される場合があります。
エマナックグループのオリジナル商品であるエフロック®は、その要求にお応えします。
エフロック®は弾性・復元性・耐摩耗性・耐油性に優れた「12ナイロン樹脂」を
ねじ部品のねじ面に融着した「接着剤を使用しない緩み止め(戻り止め)」として
高性能の調整・緩み止め機能を発揮します。

エフロック®はナイロン12を使用した「接着剤を使わない」無反応型の緩み止めです

M8~M10

エフロック®PA300

M8~M10向けの緩み止めです。

エフロック(F-Lock)300

M6~M7

エフロック®PA303

M6~M7向けの緩み止めです。

エフロック(F-Lock)303

M4~M5

エフロック®PA305

M4~M5向けの緩み止めです。

エフロック(F-Lock)305

M2~M3

エフロック®PA308

M2~M3向けの緩み止めです。

エフロック(F-Lock)308
用途 緩み止め 緩み止め 緩み止め 緩み止め
グレード PA300 PA303 PA305 PA308
推奨サイズ M8~M10 M6~M7 M4~M5 M2~M3
使用温度範囲(℃) -50~140 -50~140 -50~140 -50~140
棚寿命 ※1 - - - -
主要皮膜組成 ナイロン ナイロン ナイロン ナイロン
溶剤
特徴 - - - -
生地 ※2 - - - -
亜鉛クロメート ※2 - - - -
リン酸皮膜 ※2 - - - -

エフロック®は接着剤を使わずに緩み止め(戻り止め)効果を発揮します

ナイロンの反発力を利用している為、緩み止め効果があります

ナイロンタイプのエフロックと接着剤タイプのねじの緩み止めの違い
ナイロンタイプのエフロック®は接着剤タイプの緩み止めとは以下の点が異なります。
  • 接着剤が使えない箇所にも使用できます。
  • 戻しトルクが一定ですので、仮に緩んでも塗布部位が相手材と締結されていれば緩み止め効果が持続します。特に振動の多い箇所に適した緩み止めです。
  • 固着しませんので、増し締めができメンテナンス性に優れています。
  • 接着剤に比べて棚寿命が長く、半永久的に保存できます。

エフロック®は繰り返し使用することを前提としています

締結後に固着しない為繰り返し使用性があります

ナイロンタイプのエフロックと接着剤タイプのねじの緩み止めの違い
エフロック®は接着剤ではない為、繰り返し使用が可能です
  • 接着剤で固着した部品を取り外すには破壊トルクをかけて接着剤を破壊しなくてはならず、接着剤はその効果を失います。
    エフロック®は固着しない為、緩み止め効果を維持したまま取り外すことができます。
  • 接着剤とは異なり、部品を取り外した後も塗布部分の状態が良好であれば再使用することができます。
    再使用可能回数は使用環境によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

エフロック® に関するご相談・お問い合わせ

設計変更をサポート!1本からのサンプル作成にも対応!

担当:桝井(ますい)

TEL:06-6998-1101

タナカプリコート株式会社
大阪工場
大阪府守口市南寺方東通4丁目29番13号

担当:西尾

TEL:0567-94-1101

タナカプリコート株式会社
名古屋工場
愛知県海部郡蟹江町蟹江
新田大海用134

PDF

エフロック®パンフレット ダウンロードはこちらから