PRODUCT

メカニカルコーティング
(Zコート)

表面処理メカニカルコーティング(Zコート)処理の作業風景

高強度ボルトや鋳物の耐食性を高める事も可能な
常温乾式めっき

  • 乾式めっき
  • 水素脆性無し
  • 非鉄反応

めっき処理の多くは、液剤を使用して表面処理を行うため「湿式めっき」と呼ばれますが、
メカニカルコーティング(Zコート)は液剤を使用しない「乾式めっき」であることが他のめっき処理と大きく異なります。
熱による応力低下や水素脆性の心配が無いだけでなく
めっきを行うことが難しかった高強度ボルトや鋳物などといった製品にも高い防錆効果をもたせることができます。
めっきが難しいとお困りの製品にも是非お試しください。

メカニカルコーティング(Zコート)のメカニズム

メカニカルコーティング(Zコート)の解説図

ショットピーニングによって亜鉛合金皮膜を形成します

鉄亜鉛合金粉を高速で処理物に打ち付けることにより、亜鉛合金皮膜を形成します。自動車部品などの防錆表面処理として認定を受けており、鉄・非鉄を問わず処理できるという特徴を持っています。

メカニカルコーティング(Zコート)の6個の特徴

ポイントPoint1

鉄・非鉄を問わず
金属の処理が可能です。

ポイントPoint2

常温の乾式めっき法ですので、
熱による応力低下がありません。

ポイントPoint3

酸処理や電解反応が薄く、水素脆性がありません。

ポイントPoint4

焼結部分の封孔処理は不要です。

ポイントPoint5

ピーニング効果により
機械的特性が向上します。

ポイントPoint6

排水が出ない為、処理工程において環境にも優しい表面処理です。

メカニカルコーティング(Zコート)を施した後に
有機・無機ハイブリットコーティングを行うことにより高耐食性を実現

Zコートに適した処理部品

ファスナー類(ボルト、ナット、ブラケット、タッピングスクリュー)、チェーン、バネ、焼結部品など特に高張力部材に適しています

Zコート処理品の使用分野

自動車(主に室外)、土木(橋梁、港湾、鉄道、原発)、建築(トラス)

例えば冷間鍛造部品などの塑性加工潤滑下地として有効です
  • SUS、チタン等も
    処理可能で耐食性を
    付与できます
  • 塑性加工圧力が
    低下し金型の
    長寿命化が可能に
  • 工程が短く
    排水が出ない為、
    工期及び環境にも
    優しい処理です。

メカニカルコーティング(Zコート) に関するご相談・お問い合わせ

お客様にとって最適な表面処理をご提案致します。
お気軽にお問い合わせください。

  • 1使用環境・耐食性能・コストに合わせた最適な表面処理の組み合わせをご提案できるノウハウと実績があります。
  • 2下地・ベースコート・トップコートの豊富な商品ラインナップによってお客様のご要望にお応え致します。

担当:吉田(よしだ)

TEL:06-6901-1101

株式会社エマナック西日本
門真工場
大阪府門真市柳田町26番3号